店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 猫のしつけHOME > 猫のしつけ > 猫のしつけ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 猫のしつけ
2011年02月24日 (木) | 編集 |
しつける前に…

しつける前にしなければならないことがあります。 それは…
猫のことを知ること」です!

猫は昔から言うことを聞かない風来坊なイメージがもたれていますが、
それは猫の性質、もともと持っている気性ですので、
犬のように芸をしこんだり、言うことを聞かせようという考え方のほうが
ズレているのです。

そもそも猫は、犬のように群れを作るのではなく単独での行動をします。
それにより自分で考え行動するので、なかなか言うことを聞いてくれません。

では、どうすればいいのでしょう。

■ 猫との付き合い方

猫には命令ではなく提案という形にしつけるのが良いと言われています。

それは、上記にも書いたように、猫は単独で考え行動するので、
人が命令したところで聞く耳をもちません。⇒ これだから猫は…という考え方は
やめましょう(笑)

しかし、一緒に生活していく以上、トイレ、爪とぎ最低限のルールを守らなければお互いにストレスと
なっていくでしょう。

そこで、「ここでお水を飲むんだよ」「ここは爪といじゃだめなとこなんだよ」
と、やわらかく提案してみてください。
強調文
言うことを聞かないからといって、頭が悪いわけではなく、猫にもちゃんと分かります。
はじめのうちは、なかなか覚えないかもしれませんが、根気よく教えていってください。
そのうちにトイレの場所、爪とぎの場所等、覚えていきます。

大事なのは、命令 ⇒ 従う (群れの習性を持つ犬型)
        提案 ⇒ 同意 (単独行動の猫型)


習性や性質を理解することで、いろいろな行動の意味が解り、それによるスムーズな解決策もみつかるでしょう


なにごとにも、相手を知ることですね^^
関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。