店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 猫の目の不思議HOME > 猫の不思議 > 猫の目の不思議
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 猫の目の不思議
2011年03月10日 (木) | 編集 |
ハンターの異名は伊達じゃない!

猫の眼って不思議ですよね?
暗闇で光ったり、
朝と夜じゃ大きさが変わったり、
そんな猫の眼の不思議についてのご紹介♪


■ 眼力半端じゃないです

猫の可愛さの代表格が、この眼ではないでしょうか?
人間が可愛いと思える見え方に、顔のサイズと目のサイズの比率が関係しています。
(女の子向けアニメキャラをイメージしてください)
猫の場合、顔と眼の大きさがずばりそれに合致しており、多くの猫好きを魅了しています。

そんな猫の眼の力というのは、伊達ではなくて、
相手(対人や獲物など、動くもの)に対し俊敏に反応します

獲物をより早く見つけ、逃さないための眼力!
猫のもつ習性を考えると「なるほど!」と納得してしまいます。


■ 昼の見え方 夜の見え方

猫の眼は明るいうちに見ると細く、暗いときにみると大きく丸く
なります。

これは必要とする光の量の調節を行っているからです。

夜行性の猫は、夜と昼で調整をしなければ、眩しくてたまったものではありません。
昼のうちは明るいので最低限の光の量を = 細い眼
夜は暗いため最大限に光を取り込む必要がある = 大きく丸い眼


ちなみに夜間は人間の役1/6程度の光で見ることができます。

注意
 逆に、夜間に強烈な光を浴びせると、最悪失明する恐れもあります。
 夜、車のライトなどを浴びた猫が道路に硬直するのは
この効きすぎる眼によりショックでうごけなくなるためとも言われています。

 くれぐれも暗闇からいきなりフラッシュで撮影するようなことは止めてください


■ 色の見え方

基本はモノトーン。
光の三原色のうちの  と  を見ることができます。
人間はこのほかに  が認識できます。
猫も三原色とも認識することは可能ですが、赤は薄ぼんやりにしか認識できません。

しかし色の認識と、見えるということは違うように思います。
そもそも、人間の視点からの意見ですので、色という概念も
猫にとって、重要かどうかは定かではありません。

関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
さっそくお邪魔しにきてみました(^0^)
猫の黒目の大きさが違うのは、光の量の調節だったんですね。(5匹も飼ってて知りませんでした・・・)
毎日、ツナの目を見ながら『可愛い~♪』なんて言ってたけど、そんなしくみだったとは!!
猫の不思議が分かるって感じで、ちょくちょく来ますね~♪
2011/03/10(Thu) 16:44 | URL  | ツナまん #-[ 編集]
ツナまんさん♪いらっしゃいませ^-^
僕も調べていくうちに知らないことが多くてびっくりしました!大好きな猫のことですから知識が増えていくたびに楽しくなっていきます♪

そんなちょっとした疑問など解決できたらの猫ブログにしていきたいです^^

またいらしてください>▽<
2011/03/10(Thu) 17:02 | URL  | きくらげ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。