店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 高齢猫の世話HOME > 猫と生活 > 高齢猫の世話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 高齢猫の世話
2011年03月05日 (土) | 編集 |
高齢期が長い猫だから…

食べ物や、医療、外敵がいないなど、
近年の家猫の寿命はどんどん延びていっており、長く生きる猫で
20年を超えます。猫は7歳ぐらいを境に高齢期に入るので、
仮に20年生きるとしたら、その大半を高齢期で過ごすことになります。


■ 歳をとると…

人間とは時間の経ち方が違うため(1年で約15歳、2年で約25歳、それから先は
1年ごとに4歳づつ歳をとります)圧倒的スピードで歳をとっていきます。
しかし、当然、子供→大人→高齢期と、段階を踏んで育つのは人間と一緒です。

そこで、その時の成長具合を知り、その時の付き合い方をしましょう

幼少期(遊んでもらいたい、好奇心旺盛)
成猫期(自分で遊ぶことを知る、自ら行動をする)

ここでは高齢期のことを考えていきましょう。


■ 高齢期のサイン

・運動が少なくなり活動時間が減る
・寝る時間が多くなる
・目が悪くなる
・耳が聞こえずらくなる
・けだるそう
・消化不良を起こす
・病気にかかりやすくなるなど


上記のようなことが多く見られるようになったら、
高齢期のサインかもしれません。
一緒に遊んであげる、ご飯を高齢ようにするなど、
その時にあった考え方、付き合い方をしましょう。


歳をとると、運動量、食事の量も減り、免疫力も低下し病気にかかりやすくなります
健康であることが長寿の源なので、飼い主さんのよりいっそうの様子見が必要です。
しかしあまり過保護になりすぎるのもいけません。
猫の気持ちや行動を尊重して、遊びたいときには一緒に遊んであげてください。

愛情を与えられてる瞬間は猫にとっても幸せな瞬間だと思います。
それが寿命にも影響するとも思うので、長寿の要は愛情だと考えます。



いつまでも可愛がってください^^
関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。