店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 薬の飲ませかたHOME > 猫の健康管理 > 薬の飲ませかた
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 薬の飲ませかた
2011年03月03日 (木) | 編集 |
サッと素早く!

猫は人間とは違い、自ら進んで薬を飲みません。
なので人間があげなければならないのですが、
ここでちょっとした注意があります。

嫌がるから暴れるからといって飲ませないのでは
本末転倒。飲ませなければ、さらに悪化していく恐れもあります。
コツとしては、素早く飲ませることです。多少強引さは必要ですが、
ある程度強引でないと時間ばかりかかり、ストレスも増します。

そして強引過ぎると吐いたりするので、素早く飲ませる。
そしてなだめてあげてください^^

ここでは薬の形状別の飲ませ方、そのコツを書きます。


■ 錠剤・カプセル

まず始めに天井を向かせるように持ち上げ、手で包むようにして口をあけさせます。
次に、サッと素早く舌の奥の方、喉の近くに薬を置き、素早く閉じます。
薬の通りがよくなるように軽くさすってあげるなどしてください。
飲んでも吐かれては意味がないので暫く様子を見ます。
ご飯などに混ぜる方法もありますが、確実ではないので(避けて食べる)
手で確実にあげたほうがよいでしょう。


■ 水薬

猫の口の横側から(犬歯の後ろあたり)スポイトなどであげます。
やはり、嫌がるので素早くかつむせないように何回かに分けてあげてください。

■ 粉末薬

ヨーグルトやバターなど水分を含んだものと一緒に与えます
スポイトで水薬のようにあげるのも良いでしょう。

■ 目薬

片方の手で押さえながら目を開かせ、出来るだけ近くで目薬を入れます。
このときに猫が暴れたりして、目薬に目をぶつけるなどの危険が考えられますので
注意が必要です。
軟膏などの塗り薬は、アイラインを引くように、下まぶたを引っ張り縫ってください。
その後全体にいきわたるように目を閉じさせ軽くマッサージをしてあげてください。


関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。