店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 爪の手入れHOME > グルーミング > 爪の手入れ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 爪の手入れ
2011年03月01日 (火) | 編集 |
爪切り

■ 爪切りが大事?
爪とぎのところでも少し書きましたが、爪は猫にとって武器の
役目を果たし、爪とぎの習性ともに大きく関わっています。
しかし、長すぎる爪が身を滅ぼすとまではいいませんが、
長すぎる爪が危険なことには変わりはありません。
長すぎる爪は引っかかれたときのダメージ…対人や、対家具、対猫など
が大きい上、その猫自身にもときには大きなダメージになります。
カーテンなどに飛びついたとき、ひっかかりが取れなくて
怪我をしたり、爪が折れたりします
適度に爪切りしてあげるのがよいでしょう^^

※ 猫用爪切りは必須です!!

■ 爪切りのポイント
猫の爪は指に収納されています。
肉球を押して爪をニュっとだしてください。
この際に注意なのですが、深爪をして血管や神経まで切ってしまわないで下さい。
想像してください。人間にもある箇所、一度はやったこと経験、あの痛さ。
指には多くの血管と神経があります。そこを傷つけられればそれはもう身体全体で
嫌がります。そして、次回から抵抗します。そんなことにならないためにも注意が必要です。
仮に深爪してしまった場合も慌てずに、脱脂綿やティッシュなどで優しく抑えて血をとめます。
動揺すると猫にも伝わりますので、慌てず騒がず…
そしてちゃんと誤りましょう(笑)


■ 慣れないうちは協力して
一人でできないうちは、二人で協力して爪切りしましょう。
一人が暴れないように抑え、なだめながら切りましょう♪
関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。