店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 肥満対策HOME > 猫の食事 > 肥満対策
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 肥満対策
2011年02月26日 (土) | 編集 |
デブ猫が好きですが何かヘ(≧▽≦ヘ)

■ 偏食に気をつけロ!!
猫はわがままな生き物です。個人的にはそれがいいんですが(笑)
しかし、わがままだからこそ、食生活面で飼い主がきちんとしてないといけません
可愛いからといって、贅沢なものばかりあげているとそれ以上を求めてきます。
幼猫の頃の食べ物にこだわる傾向があるので、幼猫の頃からバラエティにとんだ
食生活をするようにしましょう。
たとえ現在の食事がぜいたくで、新しく出した食事を食べなかったとしても
大丈夫です。{これ以上はないんだニャ…}と思わせれれば、次第に食べて
いくようになります。


■ 肥満になると…?
肥満になると、人間同様病気になりやすくなり、寿命も縮まります
動物ですので本能で生きます。飼い主さんが気をつけなければ
ドンドンその進行を早めていきます。

避妊・去勢をした猫は、異性を求めるエネルギーを使用しなくなるので
太りやすい傾向にあります。


■ 肥満対策
やはり肥満の対策としては、小さいときからの食生活にあります。
自分の意思で痩せるということをしない猫は、小さいときから必要以上に
ご飯を与えていると、細胞自体が大きくなり、肥満になります。
大きくなってもその量を求めてくるので、痩せることは難しいです。
室内猫は運動もあまりできない(しない)ためよりいっそうの注意が必要です。


■ 肥満改善
では実際肥満になってしまったらどうすればいいでしょう?
まず最初に「太ってしまった原因」を知りましょう。
そして、与える量を決め、一日に均等に分けて与えましょう。
これはおやつや間食も含みます。
痩せ始めてから運動も取りいえれていきましょう。

※痩せ始める前から運動すると、心臓や血管に負担がかかるので
体重が軽くなり、負担も軽くなってから運動を取り入れることをお勧めします。




余談(笑)
ちなみに僕はデブ猫好きです。
関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。