店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > スポンサー広告 > 与えたらいけない食べ物HOME > 猫の食事 > 与えたらいけない食べ物
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 与えたらいけない食べ物
2011年02月26日 (土) | 編集 |
食べちゃいけない理由がある

人間にとっては無害でも、猫にとっては毒となる
そういう食べ物もあります。

ここでは、その食べ物と、食べたらどうなるかを書きます。


■ 玉ねぎ・長ネギなどのユリ科の植物
これらの食べ物は非常に有毒であり、場合によっては死にいたることもあります。
血液中の赤血球を破壊し、血尿や、貧血などの症状が出ます。
加熱してもその毒性は分解されません。
犬にハンバーガーはよく聞く話ですが、猫にとっても同様です。NGです。
また、あまり知られてませんが、牛丼や茶碗蒸し、人間用のビーフジャーキーにも
その成分が入ってる場合があるのであげないで下さい。

■ イカ、タコ、エビ、カニ、貝などの一部の魚介類
イカなどに含まれるチアミナーゼは、ビタミンB1を破壊し、
多量に摂取した場合、歩行困難になったり、背骨が変形したり、寿命が縮まったりします。
イカ、タコなどの軟体動物、エビ、カニなどの甲殻動物、コイ、フナなどの淡水魚などに含まれます。
チアミナーゼは加熱することにより問題なく摂取することが可能です。
しかし、イカ、タコなどは消化がしにくく、水分を大量に奪います。
それにより消化不良や嘔吐などを起こします。

■ アサリ、サザエ、のり
これらの食べものをあげると耳がただれ落ちると言われておりあます。
上記のものには、日光に当たると毒成分に変化する物質が入っており、
猫の耳部分は体毛が薄く、日光に当たりやすい部分のためただれ落ちます。
耳垂れや、目やにの原因にもなるので与えないほうが良いです。

■ 生の豚肉
これは人間でもやられちゃいますよね。
虫の卵が付いていることがあるからです。加熱することで大丈夫です。

■ 塩分の強い食べ物
基本的に人間た食べてるものに関して、猫にとっては塩分の高い食べ物になります。
なので、人間と同じ食事というのは猫にとって良くなく、悪影響を与えます。

■ 刺激の強いもの
わさびやからしなど刺激物もNGです。
人間よりも何倍も聴覚が優れているので、何倍にも刺激を感じます。
感覚がずれる恐れもあるので与えないで下さい。

■ 冷たいもの
冷蔵庫からだしてすぐのものなど冷たいものはおなかを壊す原因になります。

■ コーヒー、紅茶などのカフェインを含むものもいけません。

■ 乳製品

以外と勘違いされているのが「猫にミルク」のイメージです。
子猫に親猫のミルクは○ですが、これにも理由があり、子猫時期の栄養摂取に
ミルクに含まれる乳糖が関係しているからです。成猫になるとこの乳糖が分解できない
ためミルクを与えてはいけません。
「猫に乳糖ぬきミルク」「子猫に親猫のミルク、もしくは子猫用ミルク」
と覚えましょう^^


寿命や病気に関する大切なことなので、
飼い主さんがきちんと気をつけていきましょう^^


関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。