FC2ブログ
店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > 2011年04月
 シュレーディンガーの猫
2011年04月29日 (金) | 編集 |
シュレーディンガーの猫
とは、物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが提唱した量子論に関する思考実験の名称である


「?」と思われた方。僕もそうです。
僕の読んだイメージではですね、
物理学者であるシュレーディンガーという人が「猫」を使って行った実験だと。



肝心の内容がこの”量子論”ということなんですが、
蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。

箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、
ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。

もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、
これをガイガーカウンターが感知して、
その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。

しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、
青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。

一定時間経過後、
果たして猫は生きているか死んでいるか…みたいな感じ?

すいません上手に伝えることが出来ません。
詳しくはこちらにありますんで気になった方はご覧下さい。

シュレーディンガーの猫

ノイマン-ウィグナー理論の批判として提出されたものらしいのですが、
「量子力学が引き起こす奇妙な現象を説明する際の例示に用いられる。」

という記述があるところから、
解りやすい〝例え〟に用いられる名詞という風に思いました。


ただ、内容を把握しようと思えば思うほど、
「???」と、ハテナがいっぱい出てくるので、
学者さんたちの脳みそは凄いなー
僕の脳みそはそういう風にはできてないなー

そして…、

猫が可哀想だ!!!
と、感情にしか走れません。

ん~、猫要素の一つとして扱いましたが、
「シュレーディンガーの猫」

雑学としては難しいところですA^^;




にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
スポンサーサイト




SEO
loading
愛猫ふくあず日記