店頭販売品よりお得な価格で販売が可能
HOME > 猫と生活
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 避妊・去勢
2011年03月05日 (土) | 編集 |
時には心を鬼にして

■ 発情期を迎えた猫

メス猫で、半年~一年の間に数回発情期を迎えます。
一回の期間で1、2週間。やたらめったら身体をこすりつけ、
赤ちゃんのような鳴き声を発し、おしりをあげたりします。

オス猫は、メス猫に誘発されいつでも発情期です。

発情期に交尾し、妊娠すると約二ヶ月ほどで出産します。


■ 避妊・去勢を考える

避妊や去勢には手術を要するために、
抵抗感がある人が多いと思います。

本能に従い発情があり、妊娠、そして出産があります。
その子供も含め一緒に飼うことができるならばよいでしょう。
しかし逆に飼えなかった場合、子猫と親猫を別々にする…
多くの野良猫を増やす。その後の生活はどうなる?
とたくさんの問題も生じます。
猫の視線に立ってみてどうでしょう。

さらに、避妊により、健康維持や病気の予防にも繋がります。

避妊や去勢は新しい命に対する大事な問題です。
真剣に考えましょう



■ 避妊手術のメリット・デメリット

手術の期間は1~2日ぐらいです。病院により多少ことなると思います。
手術をすることで得られるメリットは、腫瘍や蓄膿症の病気にかかりにくく
なることです
。これは卵巣や子宮を取りだすことで性ホルモンが働きが減る
ためです。また、オスを求めるための鳴き声や、外に出るのが減ったりしま
す。

デメリットは、太りやすくなることです。
もともと子供を作るために必要なエネルギーがいらなくなるわけですから、
同じような食事量をあげていると太りやすくなります。
適度な食事量、運動量で肥満を防ぐことは可能です。

避妊の時期としては、発情期の4ヶ月前ぐらいですが、それ以降でも大丈夫
です。しかし、早いほうが病気になる確率が低くなるといわれているので、
早いほうが良いでしょう。お医者さんに相談されてください。


■ 去勢の手術によるメリット・デメリット

一般的な方法として、左右の睾丸摘出です。
メリットは雄性ホルモンがなくなるため、生殖器による病気にかかりにくく
なることや、気持ちが落ち着くためケンカによる怪我や、なわばり作りの
マーキング行為など人間と暮らしていくための多くの問題が解消されます


デメリットは避妊同様、太りやすくなりますが、
食事制限でクリアされる問題ですので大丈夫です。



避妊後の包帯姿は痛々しいですが、
全身麻酔で痛みはありませんし、後のことを考えると避妊や去勢は重要な
問題です。真剣に考えましょう。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
スポンサーサイト
 ペット感染症
2011年03月05日 (土) | 編集 |
一線は分けて! 

猫の健康管理のところに分類しようかと思いましたが、
高齢猫の世話と一緒に読んでもらいたいと思いここに分類しました。


■ 猫と感染症

ペット感染症というものがありますが、なにも猫だけに関わらず、人間と
ともに生きるペット全般をいいます。そこで付き合っていくなかで、
引き起こされる感染症のことです。ここでは猫についてのことを書きます。

猫でも犬でもそうですが、人間と一緒に生活するペットからの感染が
ありあす。もともとは猫や犬に寄生していた微生物やウイルスが、
口移しやキスなど、ちょっとしたことで感染していることがあります。
感染したからといって、なんいも症状がでず気づかないことも多いです。

予防対策としては、普段から清潔を心がけることです
ブラッシングやシャンプー、猫との食事を分ける、
触ったあとは手を洗うなどして事前に予防します。


■ 感染症の種類、対策

・ トキソプラズマ感染症
トキソプラズマという寄生虫の卵(オーシスト)が
猫の排便時に人間に入ることで引き起こされる感染症です。
感染しても気づかないことが多く、妊婦さんが流産する、新生児に水頭症などの
症状がまれにおこるなど、恐れられています。

豚にも感染がみられ、豚肉の不十分な加熱からの感染のほうが多いらしいです。

検査をすれば、感染しているか知ることができ、陽性が出ていれば
以前かかっており免疫ができています。免疫ができていれば幼児に感染する恐れは
ほとんどありません。猫と人両方がかかっている場合は、予防薬を飲み、手荒いうがい
猫の排便処理の徹底などをします



・パスツネラ症
猫、犬など哺乳類の動物の口のなかにいるパスツネラ菌から感染する感染症です。
噛むや舐めるなどの行為から感染します。
傷口の腫れ、可能、リンパ節の腫れなどの症状がでます。
抵抗力が低くなっているときに感染され、重症になると死にいたることもあります。
早期発見で、抗生物質を飲むことで簡単に治ります。
予防対策としては、手荒いうがい、傷口の消毒などあります。


・猫引っかき病
かまれたり、ひっかかれたりすることでその傷口から
バルトネラという菌が入り引き起こされる感染症です。
健康な成人なら、いつの間にか治っていますが、
免疫力の低い人や、子供などは治るのに時間がかかったり、
酷く化膿したりします。
対策は、イソジンや石鹸などで傷口を徹底消毒しましょう。


・Q熱
リケッチャという微生物により引き起こされる病気です。
猫、犬、鳩などの動物、ダニや空気感染から発症されますが、
人間には主に猫から感染しやすいといわれております。
症状として、軽い熱、呼吸症状を起こし治ります。
しかし重症になると気管支炎などをおこし、最悪死にいたります。
対策としては、猫の排便や羊水などからの発症といわれてますので、
手洗いうがいと、排便処理の徹底など考えられます




内容が重々しくなりましたが、
感染症の種類、症状、対策を知ることで
早目に対処できます。

早めの対応は、早期治療につながり健康、長寿につながります。


大事なのはきちんとした健康管理!清潔さ!ですね^^


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 高齢猫の世話
2011年03月05日 (土) | 編集 |
高齢期が長い猫だから…

食べ物や、医療、外敵がいないなど、
近年の家猫の寿命はどんどん延びていっており、長く生きる猫で
20年を超えます。猫は7歳ぐらいを境に高齢期に入るので、
仮に20年生きるとしたら、その大半を高齢期で過ごすことになります。


■ 歳をとると…

人間とは時間の経ち方が違うため(1年で約15歳、2年で約25歳、それから先は
1年ごとに4歳づつ歳をとります)圧倒的スピードで歳をとっていきます。
しかし、当然、子供→大人→高齢期と、段階を踏んで育つのは人間と一緒です。

そこで、その時の成長具合を知り、その時の付き合い方をしましょう

幼少期(遊んでもらいたい、好奇心旺盛)
成猫期(自分で遊ぶことを知る、自ら行動をする)

ここでは高齢期のことを考えていきましょう。


■ 高齢期のサイン

・運動が少なくなり活動時間が減る
・寝る時間が多くなる
・目が悪くなる
・耳が聞こえずらくなる
・けだるそう
・消化不良を起こす
・病気にかかりやすくなるなど


上記のようなことが多く見られるようになったら、
高齢期のサインかもしれません。
一緒に遊んであげる、ご飯を高齢ようにするなど、
その時にあった考え方、付き合い方をしましょう。


歳をとると、運動量、食事の量も減り、免疫力も低下し病気にかかりやすくなります
健康であることが長寿の源なので、飼い主さんのよりいっそうの様子見が必要です。
しかしあまり過保護になりすぎるのもいけません。
猫の気持ちや行動を尊重して、遊びたいときには一緒に遊んであげてください。

愛情を与えられてる瞬間は猫にとっても幸せな瞬間だと思います。
それが寿命にも影響するとも思うので、長寿の要は愛情だと考えます。



いつまでも可愛がってください^^


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 ノミ・ダニの予防対策
2011年03月04日 (金) | 編集 |
健康を維持するためにも


■ ノミ・ダニによる危害

やりようもない痒みや皮膚炎の原因となるノミ、ダニですが、
その痒さのあまり、自分でかきむしり、ひっかき怪我をする
などの恐れがあります。また、アレルギーや貧血、
病気の原因、人間にも寄生する可能性があります。
寄生される前の予防対策がで、未然に防ぎましょう。


■ ノミ予防

猫に寄生する多くのノミが、ネコノミです。
このノミは、高温多湿で繁殖するため、春から夏にかけてがもっとも多く
繁殖します。最近では、エアコンもあるために一年中注意が必要です。
成虫が寄生し、24時間で卵を植えます。卵は2日~2週間で孵り幼虫になります。
幼虫からさなぎに2日~200日、さなぎから成虫に7日~350日ほどかかります。
成虫が身体に寄生し、卵や幼虫は落ちていことが多いです。

予防として、成虫だけでなく、卵や幼虫も駆除しましょう。
多数の猫を飼っている場合、全猫に予防が必要です。



■ ダニ対策

猫に寄生する多くがマダニと呼ばれるダニで、草むらなどにいます。
マダニは猫のやわらかい場所、皮膚などに寄生し血を吸います。
通常1mmほどの大きさですが、血を吸い大きくなると200倍にも
膨れることがあります。コームなどで毛をといていると、ひっかかることも
あります。寄生しているダニを強引に引き抜くと、先端が残り、そこから化膿
していく恐れがあるため注意が必要です。
適度にブラッシングをし、注意して観察してみましょう


■ ノミ・ダニの対策

普段からブラッシングや掃除、シャンプーなどをしましょう
そんな中ノミ・ダニを発見した場合、潰さず駆除しましょう。
雌の成虫には卵を体内にもっており、拡散を防ぐためです。
また、ノミ・ダニが見つかったら、部屋の各所に卵やさなぎ、幼虫が
いる可能性があります。隅々まで掃除をし、駆除していきましょう。



■ 駆除剤の種類

・スポットタイプ
動物病院で購入できます。
首の後ろにたらす薬で、乾けばなめても大丈夫です。
おもに成虫を駆除する効果があり、1~3ヶ月間と期間も長く効きます

・スプレータイプ
スプレー式の薬をまくタイプです。猫本体だけでなく、ゲージや
猫がよくいる場所などに吹きかけることにより、駆除予防に効果的です。

・内服薬、注射
成虫を駆除する薬です。事前に飲ませておくことも出来るので予防に適しています。

・首輪タイプ
首輪にノミ・ダニよけの匂いがついたタイプです。
匂いを嫌う猫もいるので、嫌がるようなら別の方法を試してください。

・その他
身体にかけるノミ取り粉や、ノミ取りシャンプーなどがあります。




余談^^

うちの猫は、ノミ取り首輪をつけていたのにも関わらず、
かくのを止めなかったので、スポットタイプの薬を使用しました。
(すでに寄生されていたのかもしれません)
効果は覿面で、異常に身体を舐めまわすのも止めました。
なかなか見えない、気づかない部分ですので、
よりいっそう気にかけてください^^/




にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事
 抜け毛対策
2011年03月04日 (金) | 編集 |
早め早めの行動で


室内に動物を飼うと出てくる問題の一つが、「抜け毛」でしょう。

猫は春と秋に生え変わりの時期がありあす。
この季節になるとどうしても多くなる抜け毛。
早めにブラッシングやコームで解かし事前に抜けやすい毛を
抜いておきましょう。

■ 定期的に掃除する

特に春、秋の時期になると頻繁にブラッシングしていても、
抜け毛がどんどん出てきます。猫は狭いところが好きなので、
家具の隙間や、ソファーの下など、普段はあまりしないような場所でも
掃除したほうが良いです。それは、そこに溜まったほこりを取るという目的のほか、
猫の抜け毛の巡回掃除のためもあります。あまり掃除をしない場所だからこそ、
猫の抜け毛時期に放っておくと大変なことになります。
また、猫の毛によるアレルギー、ほこりによるアレルギー対策にもなります。

カーペット類など、掃除機で取りづらいものには、
静電気などでほこりをとるブラシがお勧めです。
掃除機から直接ではなく、一度ブラシを経由することにより、
効果的に掃除が行えます。

ブラッシング、シャンプー、掃除を定期的に行っていれば、
抜け毛もそんなに気になりません。

溜め続けると、ノミダニの発生、アレルギーなど衛生的にもよくありません。



余談^^
猫を飼うようになって、マメに掃除をするようになりました。
掃除をする前から、あまり掃除をしないような環境を作ればいいと思うようになり、
出したものはすぐ片付けるようになり、以前よりキレイ好きになった気がします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ br_decobanner_20110418134114.gif
ランキング参加してます^^
1ポチ応援ヨロシク♪
 

★Twitter始めました^^→ kikurage1017

最新記事

SEO
loading
愛猫ふくあず日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。